猫&犬 動画まとめ

見ているだけで癒される、可愛い『猫と犬』専門の動画まとめブログです。


厳選サイト新着記事
お勧め相互RSS記事
   

猫がごろごろしてるだけ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「ウーアーウーー・・・」と歌っぽい鳴き声で鳴く猫。
まんまるなお顔でアイラインがきっちり入っていて、ピンクの口紅(天然物ですが)をして、センター分けの髪の毛と、
化粧をした女性のような可愛さがあります。美猫さんです。




ベッドの上であしたのジョーのラストシーンのような格好をしている猫。
近付いてみると生きているようで、まだ真っ白にはなっていなかったみたいです。
(お腹側の毛は真っ白ですが)




まるまると太ったデブ猫。
顔を後ろ足で掻こうとするのですが、あまりに太っているのでお肉が邪魔して届きません。
虚しく空を切る後ろ足。
恨めしそうにカメラの方を見ますが「見てるなら掻いてくれニャー」と思っているのでしょうか。




ガラステーブルの上で、コップに注がれたミルクに前足をつっこんで飲んでいる猫。
それもアテレコかのように「ニャンニャン、ニャンニャン、ニャンニャンニャン・・・」と言いながら。
ちょっと斬新な視点からの撮影がいい感じです。




冒頭から白っぽい猫のしっぽをつついてくる挑発的な鳩。
そのうち黒猫がぶらりと近付いてきてガチンコの喧嘩勃発。
そんな喧嘩の最中にも鳩は挑発をやめずしっぽをつついています。でもなぜか狙うのは白っぽい猫ばかり。
音楽がアクションに合っていてちょっと引き込まれてしまいます。




キーボードの上に両手を置いていると自ら乗っかってくる子猫。
きちんと乗っかってくるようで、両手の上に猫を乗せた状態で上下できるみたいです。
あったかい + 乗りやすそう + かまって欲しい = キーボード操作している手に乗っかる
という図式なんでしょうか。




ドミノを予めセットしておき、スタート地点付近にヨタヨタと歩く猫を通らせて、わざとドミノを倒させ開始!
「キュラララララ・・・」と一瞬で倒れていくドミノに驚く猫。
そのドミノが全部倒れた時の絵にも”猫”が。
使用したドミノの数は4646枚だそうです。




自動車の陰に隠れて、低く太い威嚇用のうなり声を出す茶色の猫。その奥で小さくなってしまっている白黒猫。
「てめー、どこのネコだニャ! 勝手にこの街をうろつくんじゃニャーゴ!!」なんて脅されているんでしょうか。
猫の世界でも気の弱い・気の強いってあるんですねぇ。




幼児がお風呂に入っているところを覗き込む白猫。
「お、一緒に入りたいんだな」と思った幼児は猫の両前足を引っ張って湯船に!
「NYAAAAAAA」と心の中で叫ぶ猫はすぐに逃げようとするも浴槽がツルツル滑りまくり。
あまりの猫の必死さを見て「あれぼく、悪いことしちゃったかな・・・?」と思う幼児でした。




台所の床で仰向けになって寝ているグレーのスコティッシュフォールド。
撮影者が近付いたことで起きたのか静かに目を開け、また静かに目を閉じて眠っていきます。
お腹の上に前足がちょこんと乗っているのが可愛らしいです。




ワニ園なのかどういう場所か分かりませんが陸にワニが上がってきて猫と対峙。
「ていっ!」とネコパンチを見舞ってワニを水の中へ追い払っています。
しばらくするともう1匹のワニも上陸してきますが、これもネコパンチで追い払います。
小柄なワニですが噛まれたら一大事になる可能性大なのに猫も人間も恐れないなんて、どういう場所なんでしょうか・・・。




窓の外からキジトラ柄の猫が、前足の肉球で窓ガラスをウォッシュウォッシュ!
実際のとことは「家に入りたいから窓を開けてくれニャー」なんでしょうけども。




ソファーで静かに戯れる犬と猫。
猫の頭が犬の口の前にあるせいか時折、猫の頭を犬はパクッと口の中へ。
猫の方はほとんど抵抗無し。暗い口の中に入れられて怖くないんでしょうか。




モンプチのCMに出てきそうなペルシャっぽい猫がスイカをシャクシャク食べていると、そこへシーズーが2匹乱入。
でもみんな喧嘩せず仲良く一緒にスイカを食べています。
しかもみんな無心で食べているのか一鳴きもせず、ただ「シャクッ」という音だけがあたりに響きます。




「Bang!」と言うと、すぐさま寝転んで死んだふりをするミニチュア・ダックスフンド。
動画内で3セット連続でやっています。
しっぽ振り振り状態だったのをピタリと止めるのはすごいんじゃないでしょうか。




チワワに猫がグルーミング(毛繕い)をずっとしてあげるほど仲が良い2匹。
しかし0:32で事態は急変!
あの仲の良さはどこへ・・・。
猫の最後の「なによ、あんた・・・?」という表情がちょっと怖いです。




「ウィンウィン」と機械の四つ脚で歩き、目から赤い光線、カクカクと動く首を持ったロボットと小柄な犬が対戦。
粗いドットで表示されたアイコンやテキスト、ファミコンのスーパーマリオの8bitサウンドが随所に入れられた編集となっています。
勝つのはどちらか!?




戯れている子猫(名前:もんちゃん)とラブラドール・レトリバー(名前:ハンナ)。
0:50~ 究極奥義「ジャンプアタック」が炸裂します。
全然効いていなさそうですが。




秋田犬(名前:大ちゃん)の檻の中に入ってゴハンを奪って食べる野良猫(名前:ブッチ)。
仲が良いようで猫がゴハンを食べているのを犬はじっと見守っています。
ちょっとだけ「わてのごはんが少なくなっていく・・・」といった表情にも見えなくもないような。




わんさか子犬がいるところに1匹の三毛猫。
「なんか1匹だけおかしいのがいるワン」というわけで猫が子犬に追いかけ回されています。
まるで映画”マトリックス リローデッド”のエージェントスミスが増えまくってネオに襲いかかるシーンのようです。
最後は子犬たちの動力源の電池が切れてしまいます。




カメラを前にはしゃぐ幼女と少女。
少女が犬にお尻を向けるとパクッとワンピースの服をくわえられ引っ張られます。
そこへ現れるはエッチなことは許さない正義の猫。
エロ犬に鋭いネコパンチの連打を見舞っていきます。




玄関ドアに付いている郵便受けの前で待ち受けるそれぞれの犬・猫たち。
郵便受けにメールや新聞が届いた瞬間・・・!
すぐさま届いた物を引き抜いて、犬は口でくわえてヘッドバンキングしバッサバッサの状態に。猫はネコパンチ連打。
こういう被害があるからEメールが発明されるに至ったようです。(嘘




行きつけのドッグカフェに行くと犬に大人気のアメリカンショートヘア(名前:ポンタ)。
店に入ると常連の犬たちに囲まれてアイドル状態。
事の始まりとして、なぜ猫を連れてドッグカフェに行ったのかちょっと不思議です。




キャンプファイアーか焚き火なのかよく分かりませんが、なぜか火の上を何度もジャンプをして飛び越す犬。
エキサイトしまくっているようで「フゴフゴ」言っています。
ほとんど火の真上を通っているので、かなり熱いだろうとは思うのですが一向にやめる気配はありません。
リアルホットドッグになりたいんでしょうか。




部屋の片隅に置かれたルームランナー(トレッドミル)で、リズムよく走るジャーマン・ピンシャー。
「ダッタカ、ダッタカ、ダッタカ・・・」と結構なスピードで走っています。
たぶんベルトの流れる速度から見て、機械の最高速度なんじゃないでしょうか。
最高速度でも犬にとってみれば、余裕で走れるスピードでしょうね。




売店らしきところのカウンターで堂々と店番をする犬。
こういう顔付きしたおっちゃんってたまにいますよね。
あんまり前を見ないで何か物を買おうとすると人間と間違えて話しかけてしまいそうです。




ピョンピョン連続ジャンプをする犬、匍匐前進をする犬、地面に体をこすりつけていたら水に落ちてしまう犬、
少年の股間に食らいつく子犬、羊に体当たりされる犬、赤ちゃんの服を引っ張る犬、犬小屋を引っ張る犬、
ホウキで少年の股間を殴打する犬、などなど多数のおもしろ犬動画がまとめて収録されています。




柴犬の子犬が靴置き場で戯れるだけのカワイイ系の動画です。
小さく揺れてグラグラしている頭、鼻が黒いハナクロ、おぼつかない足下、短いしっぽ。。。
たまらんです、ハイ。




ご主人様と一緒にゴルフへ行きたがるキャディ役のゴールデン・レトリバー(名前:マディ)。
コース図を見たり、唾液でベトベトのゴルフボールを持ってきてくれたり、
グリーンで芝目を読んでくれたり、パットミスしたボールをカップインしてくれたりします。




テレビから流れてくる音楽のリズムに合わせて、前足でかなり正確なリズムをとっている犬。
「トン、トン、トン、トン・・・」と少し速めの8ビートを刻んでいます。
たまに1拍抜いたりするテクニックも持っています。
こんな犬いるんですねぇ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。